患者

誰でも大腸がんになる可能性がある|自覚症状がないので危険

大腸の炎症性疾患

看護師

大腸の最も内側の粘膜部分に炎症が起こり、潰瘍やびらんが発生する疾患を潰瘍性大腸炎と言います。潰瘍性大腸炎の代表的な症状が、下血や下痢、頻繁に起こる腹痛です。さらに重症化すると、体重の減少や貧血、高熱などといった症状も現れます。潰瘍性大腸炎の発症率に男女の性差は殆どなく、男女ともに20歳から30歳前後の若い人の発症がピークとされています。そして潰瘍性大腸炎の最大の特徴と言えるのが、喫煙者の方が喫煙をしない人より発症率が低いという点です。潰瘍性大腸炎の発症の原因は現在明確にはされていません。腸内細菌の影響や、腸内の免疫反応の異常、偏った食生活などが発症の要因となっている可能性が高いとされていますが、未だはっきりと証明はされていません。

内科で潰瘍性大腸炎と診断された場合、治療は薬物療法が第一選択となる場合が殆どです。薬物療法で効果が現れない、症状が重度、再発を繰り返すといった場合に外科手術は選択されるのが一般的です。潰瘍性大腸炎の薬物療法は、大腸の炎症を抑え症状を緩和することが最大の目的となります。炎症が軽度の場合は5-ASA製薬という薬が有効とされています。炎症を抑えることが出来る上に、再発予防の効果の高い薬です。炎症が重度の場合はプレドニゾロンという薬が大変有効とされています。ほぼ確実に炎症を抑えることができますが、再発を予防する効果は薄いとされています。これらの薬物療法を行っても症状が改善しない、または一度改善しても再発を繰り返す場合には、外科手術による大腸全摘出が選択されます。