患者

誰でも大腸がんになる可能性がある|自覚症状がないので危険

しこりに要注意

患者

乳がんの症状は自分で気づくことが多いです。乳がんが進行すると腫瘍が大きくなるのでしこりを感じるようになるからです。もちろん、しこりを感じる症状がすべて乳がんというわけではありません。たとえば、乳腺症や葉状腫瘍などでもしこりを感じることが多いです。いずれにせよ、しこりを感じたときには医師に相談することをおすすめします。また、乳房の変化も見逃すことはできません。乳房にえくぼのようなものが出来たり、湿疹のような赤みが出ることがあります。こうした症状があらわれると乳がんである可能性があります。他にも、炎症性乳がんの場合は、痛みや熱を伴う症状が出ることもあります。女性は乳房には常に注意を払うと良いでしょう。

乳がんの治療法として切除方法と放射線治療があります。切除方法は乳房をすべて切り取るか部分的に切り取るか選択することができます。前者の場合は乳房を残すことができるので後者よりも選択する人が多いです。また、放射線療法の場合は、放射線を乳房に照射することで細胞の増殖を防止してがんを小さくするというものです。乳房部分切除術を行ったあとに再発防止のために行われることも多いです。施術を受けたあとは1週間から2週間程度赤みが出ることがありますが、放置しておいて問題ありません。時間の経過とともに治ります。乳がんの治療方法としては以上の2つが代表的なものです。医師としっかりと相談して自分にあったものを選びましょう。